« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

矢木沢倶楽部新年会2012/1/14

内房・岩井にある矢木沢倶楽部富山ベースにて新年会を開催しました。今回の新年会は「あの素晴らしい愛についてin富山」と題してゲストにクラブ名誉会員のドクターKを招いて開催しました。「待て」が聞かないメンバー達は焚き火を囲んで屋台村の準備をしつつ飲み始めました。

Yatai3

Yatai2

陽が傾く4時に乾杯です。今年一年、みんなが無事に楽しく遊べるよう乾杯します。遅れて到着したドクターのマネージャにはお約束のシャンパンを開けてもらいます。

Kannpai

Y3000

今回の新年会は焚き火が中心です。イカの一夜干し、鯵・ほっけの干物、鰹のたたき、飲茶、豚汁、ポトフ、などなど屋台村の料理が並びます。沢山ある竹を使った炊き込みご飯はお酒を振りすぎて少々酔いそうでしたが、竹の香りがして抜群に旨かったです。寒いので日本酒が進みます。

Yatai1

今回の新年会では「富山カレッジ」を開催しました。第一部はドクターKの講義です。室内に宴会場を移して、ドクターKの講義が始まりました。プロジェクターを使い、芸術的な春画の解説と日本独特の母子の有りようは大学で講義を受けているようでした。特別講義をしてもらったドクターKに感謝です。

Kitayama

第二部はミュージックです。矢木沢倶楽部の伝説のデュオ「ヨイモン&グーフンクル」の息の合った演奏にみんな手拍子で応えます。本家ドクターKの歌う「イムジン河」はいつ聞いても良いですね。この時点でみんな相当酔っているので、「帰れない酔っぱらい」だったかも(笑

Enkai

翌日にセミナーを控えているドクターKのノドに配慮して、11時には宴会終了。「あの素晴らしい愛のついてin富山」大盛況のうちに閉幕。キャンピングカーに寝るメンバー、寝袋に入るメンバーと三々五々眠りにつきました。翌朝は朝早くから庭で焚き火を燃やすメンバーの声に起こされました。久しぶりの二日酔いでしたが、楽しい新年会となりました。会場を提供してくれた富山亭主、参加の皆さん、ありがとうございました。

Onshi

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千葉県知事杯争奪第30回カヌー競技大会2012/1/8

今年で30回を迎える千葉県知事杯争奪カヌー競技大会に矢木沢倶楽部で参加しました。この大会は個人戦はもちろんクラブ対抗戦です。各クラスで優勝者にしかメダルが贈呈されないという難関でもあります。矢木沢倶楽部は毎年恒例で参加していますが、近頃は応援ばかりで選手参加者が減っていました。しかし今回の30回記念大会には久しぶりにクラブ員が多数漕ぎました。

Kaijou

7時会場に到着。既に沢山のカヤッカーが集まっています。矢木沢倶楽部は古くから参加している老舗倶楽部でもあり、案内の松戸市カヌー協会メンバーから直ぐに集合場所を指定されました。

Yatai1

選手のメンバーは久しぶりにシーカヤックやファルトを漕ぐので、果たして無事にゴールできるのか心配です。松戸レースはこの時期は北風が強く吹きます。コースは5.5kmですが、上流への漕ぎ上がりが辛いです。開会式が終了し、各自出艇します。450艇以上が一斉にスタートするのは壮観です。スタート直後は水面が波立ち、沈する艇が続出します。

Kaikai

Start

スタートから上流に漕ぎ上がりますが、もろに北風に当たり、進みません。飛沫で手も冷たく痺れてきます。みんな頑張って漕いでいます。久しぶりのレースですので、順位よりも完漕する事を目指します。

Arihara

Onuki

Otake

Soga

Tani_makiguchi

Wada

Yagisawa

Yama_kai

上流側で折り返して、下流に向かいますが、ここでも向かい風です。さらに下流の折り返し点からゴールまでも北風が待っています。何だかずっと向かい風の中を漕ぎました。まあ人生向かい風なのは仕方無いのかも(笑。

何とか全員無事にゴール。豚汁とおにぎりのお昼ご飯を食べながら、全員の健闘を称え合いました。実は今回は河原での焚き火が禁止されたため、焚き台や薪を持参したのに焚き火が出来ず、寒い思いをしました。屋台村もパワーダウンでした。次回は対策を考えたいものです。

Yatai2

新年恒例の松戸レースは順位はともかく今年一年のカヌーライフのスタートです。沢山のカヤッカーと交流し、楽しい一日を過ごす事ができました。参加された選手、陸上サポートの皆さん、お疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中里2012/1/3

2012年の初漕ぎです。8時いつもの波道場に現着。天狼☆さんGenpoさんyarisa嬢とふっちー監督、痛飲好きさんが新年初漕ぎに集まってくれました。本日の波道場は北西の風、超寒いです。波は腰~腹、セットが入ると胸、肩サイズです。すべて怒ダンパーになっています・・・。新年初漕ぎには厳しい感じがします。クリスマスまでは良い感じの波道場でしたが、「波道場にしては物足りないねぇ」なんて言ったのが大間違いでした(笑

Nakazato1

Tanaka

既に天狼☆さんは新艇のOSA2で1ラウンド入っていました。気合を入れて着替えます。ホットジェル塗ると1時間くらいは暖かいです。みんなで出撃、アウトを目指しますが、怒ダンパーを越えないと出られません。一松方向に流されつつ、何とかアウトに出ました。アウトはセットが入ると胸サイズの良い感じですが割れません。一本だけGenpoさんとランデブーライドできました。

Out1

なかなか乗れないのでインサイドに戻って波待ちします。タイミングをはかってテイクオフしますが、怒ダンパー飛び込みでグルグル巻きになります。そんな中、yarisa嬢は般若で素晴らしいライドを見せてくれました。見とれていたら巻かれて大量の海水を飲んでむせました。本人曰く「今年のyarisaは違うのだ!!」、「早く起きられるもん」と・・・。

Yarisa1

Yarisa2

ふっちー監督はリバーカヤックのスターンにムービーカメラを装着。きれいに撮影できていて驚きました。怒ダンパー飛び込みの映像も見てみたいものです。

Fs2

Fs1

痛飲好きさんは世界のO西さんから譲り受けたメガのニュートロンRVです。フィッテングを調整しながら乗っていました。これから楽しみですね。

Ochi

Genpoさんは本日は「形は古いが時化には強い」メガのエアフォースです。乗り慣れたカヤックで海の藻屑ライドにチャレンジしていました。

Genpo

だんだん北西風が強くなり、顔面が痺れるくらい寒いです。ヤギサワは怒ダンパー飛び込みからアウトに戻れなくなり、インサイドでグルグル巻きの連続です。身体も動かなくなり、ロールが怪しくなります。このあたりで撤収です。

Yatai

カヤックを片づけてから波道場の新年会です。今年も無事に波乗りできるようノンアルコールビールで乾杯しました。身体の芯まで冷えていましたが、ヤギサワ特製の豚汁ウドンとyarisa嬢提供は甘酒で温まりました。新年初漕ぎにお付き合いしただいた皆さん、ありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »