« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

第15回オーシャンフリースタイル選手権2013/10/20

今年で15回を迎えるオーシャンフリースタイル選手権大会は九十九里浜・中里海岸で開催される予定でしたが、当日の悪天候、海況により中止となりました。エントリーしてくれた選手の皆さん、残念でしたね。中里ローカルのヤギサワは練習不足でしたが、キレのあるバック転を披露したかったです。

6時いつもの波道場に現着すると、カヤックを積んだ数台の車が駐車しています。主催者であるフリーウェーブの清水代表に挨拶すると、本日の大会は中止との事でした。本日の波道場は強い北東風、サイズは肩~頭、カレントも強く、ぐちゃぐちゃです。この状況では中止がベストな判断ですね。

Nakazato2_2

Nakazato3
先日の大きな被害をもたらした台風26号が残した爪痕で海岸が浸食されています。おそらく地形も大きく変わった事と思います。インサイドの怒ダンパーが炸裂します。

Nakazato4

Boost
集合時間の6時半には大会中止が正式に宣言されました。中里ローカルとしては地元開催を楽しみにしていましたので、残念です。でも事故が無いのが一番。BOOSTも寂しそうです。

車に分乗してフリーウェーブの倶楽部ハウスへ移動します。大会に協賛していただいたメーカやショップから提供された景品をみんなで分け、解散となりました。帰宅する人や南下して守谷海岸でサーフィンする人など様々でした。久しぶりに会うサーフ友人との短い会話でしたが、楽しかったです。

Fw

Fw2
大会の準備をしていただいたスタッフの皆さん、そして主催のフリーウェーブ代表の清水さん、大変お疲れさまでした。次回の大会開催を楽しみにしています。今週末も台風接近のようです。海況が安定して来たら波道場で修行したいなぁ。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

奥松島牡蠣ツアー2013/10/12

矢木沢倶楽部がピンポイントで支援している奥松島の旅館・薬師堂さんが今年の夏から営業を再開しました。東松島市は甚大な被害がありました。奥松島の宮戸島は震災で地盤沈下し、旅館も1階が浸水しましたが、人的な被害が無かったのが奇跡です。震災から1ヶ月後に矢木沢倶楽部の支援物資を積載したトラックで訪れましたが、被害の大きさに心が痛みました。

Nobiru
今回、3年ぶりに矢木沢倶楽部メンバー達と訪れました。薬師堂の大将、女将さんが快く受け入れてくれた事に感謝します。12日早朝にカヤックを漕ぐメンバーが集合。その後に夫婦参加メンバーが集まりました。三連休は秋晴れの予報でしたが、冷たい西風が吹いています。

Yakushi1
早速、3年ぶりの奥松島を漕ぎます。薬師堂の前から出艇、風裏の水路からメカル崎を目指します。みんな久しぶりの奥松島を楽しみにしていました。今回は、佐渡島からTさん、地元の東松島市からKさん、埼玉からIさんが呼びかけに応えて参加してくれました。

101211

Iwa4

10121
奥松島は風が吹いてもどこかで漕げますが、島の間を吹き抜ける風は強いです。みんなでワイワイ言いながら漕ぎますが、いつものように道案内は不安、曲がる場所を間違えて地元のKさんに指摘されます。何度来ても適当なナビゲーションですね。

10122
10124
Kobayashi1
水路を抜けると外海からの大きなウネリが入ってきます。風も強く、メカル崎を目指しましたが、途中で引き返ししました。安全第一ですね。

10123
一漕ぎして薬師堂に戻ってくると早くも牡蠣パーティの準備が始まります。今年は水温が高くて牡蠣の生育が遅いそうです。まだ出荷できる状態では無いとの事でしたが、無理をして大将が牡蠣棚から上げてくれました。みんな焼き牡蠣が楽しみです。

Kaki1
Kaki2
矢木沢倶楽部の牡蠣大将が鉄板の上で牡蠣を焼いて、殻をむいてくれます。何とも贅沢な屋台村ですね。佐渡の友人から差し入れていただいた「金鶴」「越の寒梅」が開きます。まだお昼なのに日本酒で乾杯です。

Kaki31
Kaki32
今回の牡蠣ツアーには矢木沢倶楽部のご夫婦も参加しています。女子会(自称)やっています(笑。お昼から日本酒飲んだので昼寝タイムです。夜の宴会に備えます。

Jiyoshi

Gokou

今回の牡蠣ツアーには沢山のメンバーが集まってくれました。宴会場は華やかな雰囲気です。お膳から溢れる料理と大量のお酒が並びます。乾杯の後は女子(自称)がお酌してくれました。一気に酔いが回ります!!

Enkai1
Enkai11

Jiyoshi2
Enkai2

Enkai4y3000

もちろんお約束の倶楽部専属デュオのギターとハーモニカの演奏付きです。昔話が何度もエンドレスでリピートします。老舗の矢木沢倶楽部は仕事リタイア組が増えてきました。

宴会の後はお約束のお灸タイムです。別名お灸倶楽部と呼ばれています。60歳を超えた親父達が寝ているメンバーに油性マジックでいたずら書き。まるで中学生の修学旅行のような雰囲気です。いつもまでも変わらないメンバーです。

Okiyuu1
Okiyuu2
Shimada
Okiyuu3

Khou

早い時間からの飲み過ぎで次々とフトンに入るメンバーがいるのに、まだまだ宴会は続いています。

明けて翌朝、まだ西風が強いです。雨もパラパラと降っています。晴れたり曇ったりです。朝の散歩で大高森に上ったメンバー達はきれいな虹を見たそうです。

Otakamori

この日は風裏となる室浜から出艇して嵯峨渓を漕ぎます。きれいな砂浜ですが、震災の工事が続いています。

10136
嵯峨渓の岸ベタで漕いで行きます。強い西風で海面が荒れています。洞窟を見つけて中を偵察。代わる代わる入っていきます。地中海の青の洞窟のように美しいです。

10131
10132
10133

10138

10134
10135

Kobayashi3
Toita5

101352

洞窟巡りで遊んでいると、あっという間に海面にウサギが飛び始めました。西風が北西風に変わったようです。急いで出艇した浜に戻ります。岸ベタですが、途中の岩の間は風がうなりを上げて吹き抜けています。何人かのメンバーが通り抜けなれなくて難儀しましたが、サポートして全員で無事に戻りました。

10137murohama
老舗のカヤック倶楽部ですが、今まで全員が無事故で漕げたのはお互いの信頼と協力の賜と思っています。これからも無理しないでカヤックライフを楽しみたいものです。

この夜は二回目の宴会です。またまた沢山の料理とお酒が並んでいます。笑い声が絶えません。お灸も第二ラウンドです。

Enkai13_2
Enkai3_2
この日は強風の中を一生懸命漕いだので、みんな早く沈没してしまいました。翌朝は強い西風が止んでほぼ無風です。メンバー達は宿の前で釣りをしたり、散歩したり、早朝漕ぎに出かけて行きます。

Sup
Iwa2
楽しかった奥松島牡蠣ツアー、宿の大将と女将さんに送られて宿を後にします。3年ぶりの奥松島訪問は震災の爪痕と復興の遅れを実感しました。まだまだ復興には時間が掛かります。少しでも倶楽部で手助けを続けて行きたいと思います。継続こそ力になります。これは間違いありません。

Yakushi3
今回も楽しいメンバー達と過ごせて感謝します。リタイア組が増えてきましたが、これからもカヌーライフを楽しんでいきましょう。

「奥松島ツーリング動画」(レンジさん撮影・編集)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »