倶楽部活動

矢木沢倶楽部新年会2018/1/13

矢木沢倶楽部恒例の新年会は片貝別荘にて開催しました。14時開場、17時乾杯を予告。早めに着いて会場の掃除、設営を行います。

Kata1
いつものように沢山のお酒と料理が並びます。フライングの乾杯です。

Kata2
Kata3
Kata4
Kata6
Kata7
Kata5
倶楽部ソングを熱唱します。ヨイモン&グーフンクルのデュオです。

Kata8
ヤギサワは朝早くからの波乗りで8時には沈没していたそうです。翌朝、爺達は早起きです。朝食後、掃除して撤収。恩師を囲まない記念写真を撮影しました。

Kata9














| | コメント (0) | トラックバック (0)

第36回クラブ対抗カヌー競技大会2018/1/7

新年恒例の第36回クラブ対抗カヌー競技大会(江戸川カヌーマラソン)に参戦しました。矢木沢倶楽部は第16回大会からの連続出場です。

Matudo1
400艇以上のカヌーが一斉にスタートする光景は新春の風物詩です。今年はとくに北風が強く、めちゃめちゃ寒いです。矢木沢倶楽部からは選手参加者は4名です。以前は15名以上が選手参加し、クラブ入賞もありましたが往年の勢いは無くなりました。私も優勝メダルを3個持っていますが、今年は完漕できれば良いかと思います。

Matudo2
Matudo3
10時30分に一斉スタートします。高速艇は前列、ファルトなどは後列に位置します。スタートで沈する艇が多数あったそうです。北風で漕ぎ上がりが厳しいです。

Matudo4

Matudo42

矢木沢倶楽部からはシーカヤッククラスに4名がエントリーしました。みんな力漕しています。私はGenpoさんと最終回航点での勝負に出て抜き去ってゴール。和田さんはクラス2位で8ポイント、私は6位で1ポイントゲットしました。

Matudo5
Matudo62
Matudo63
Matudo64
全員無事にゴールしました。応援サポートのクラブ員から美味しい料理の提供をいだたき、疲れた身体が満腹になりました。

Matudo7
選手に完漕証が送られ、記念撮影です。厳しいコンディションの中、無事にゴール出来た事を称えます。

Matudo8
今年のカヌーライフも松戸からスタートしました。応援サポートいただいたクラブ員の皆さんに感謝いたします。今年も事故なく、安全にカヌーライフを楽しみましょう!!

Yagisawa







| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢木沢倶楽部竹岡塾忘年会2017/12/9

今年もあと僅かになりました。恒例の矢木沢倶楽部忘年会は竹岡塾で開催しました。

Take2
Take3
Take_2

今回は案山子作りと忘年会がセットです。竹岡塾の周辺は猿が沢山います。矢木沢倶楽部特製の案山子で撃退します。職人さん達が器用に作ります。

Take1
Take5
Take6
Take7
Take4

案山子作りが終了すると恒例の屋台村宴会です。乾杯の予行演習で飲み始めました。

Yatai1
いつものように沢山のお酒と料理が並びます。寒くなってきたので室内に入って忘年会スタートしました。

Yatai7
Yatai8
Yatai2
Yatai3
Yatai6

今回の忘年会は山本閣下の米国旅行報告会もありました。スゴイ行動力に感心しました。

Yatai10
いつものようにギターとフォークソング、倶楽部の歌を合唱しました。

Yatai9

日帰り組は早々に退散でしたが、泊まり組の宴会は続いたようです。今年も沢山のメンバーが忘年会に集まってくれました。来年も安全に楽しくカヤックライフを楽しみましょう。

Tani
倶楽部の若大将・谷沈はSUPを手に入れたようです。これからはカヤックとSUPの二刀流ですね。

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

和田長浜キャンプ2017/9/30

豚オフ復活の準備として三浦の和田長浜でプチ艇例会を開催しました。久しぶりに訪れた和田長浜で懐かしいメンバーと再会する事が出来ました。早朝から矢木沢倶楽部本部タープを設置しました。

Wada1

三浦を漕ぐのは数十年振りです(笑)伝説のシージェットは葉山ネタとして永遠に語られる事でしょう!!

Wada2

今回の艇例会を企画していただいた事務局長のタンゴさん、懐かしい同窓会メンバーが集まりました。みんな歳を取りましたね~(笑)矢木沢倶楽部はパドルを持って30年!!

Wada3
とりあえず懐かしい和田長浜から漕ぎ出します。黒崎方面を目指してシーボニア付近までツーリングしました。

Wada4_2
Wada5
陽が高いうちから飲み始めました。乾杯の後はお約束のフォークソング熱唱。矢木沢倶楽部の歌を合唱します。

Wada6
お約束の屋台村は飲んだくれていたので写真撮れませんでした~(笑)いつものように沢山の料理とお酒がテーブルを埋めていました。

Wada7
Wada8
Wada9
Wada10
Wada92
遅くまで話し込んでいたメンバーもいたようです。冷え込んで焚き火が嬉しかったです。翌朝も懐かしいメンバーが訪ねてくれました。

Wada11
来年の5月には復活の「豚オフ」が予定されています。久しぶりに訪れた三浦でしたが、楽しかったです。キャンプ&ツーリングで再来したいと思います。
















| | コメント (0) | トラックバック (0)

多田良キャンプ2017/8/26

矢木沢倶楽部の爺達の夏休みキャンプは久しぶりの多田良北浜海岸です。毎年、キャンプ場開設前に清掃活動を行っていましたが、管理者が変わり、このところご無沙汰していました。

Tatara1
8時現着。早速タープを立てて矢木沢屋台村のセッティングです。南西風が強くてタープを立てるのが大変でしたが、ベテラン2人で完了。

Tatara2
Tatara5
といあえず朝のビールを一本飲んでから、SUP漕ぎます。南西風でお隣の原岡海岸には風波が入っています。乗りづらいですがSUPサーフィンを楽しみました。お弟子さんも多田良SUPデビューです。

Tatara3
久しぶりにサーフスキーを漕ぐ谷沈は、言葉通りに「谷沈祭り」です。なかなか再乗艇が出来なくて苦労しています(笑)

Tatara4
夕方になり、全員集合して5時乾杯。その前に散々ビールやホッピーを飲んでいるので既に酔っ払い爺になっています。

Tatara6
谷沈の何回目かのお誕生日を祝ってロールケーキにローソクを立ててお祝いしました。

Dscn2602
お約束の矢木沢屋台村はバンバン料理が出て来ます。食べるよりも作っている人の方が多いので、減りません(笑)

Tatara7
Tatara8
Tatara9
Tatara11
大房岬に夕陽が沈んで涼しい風が吹いてきました。この時間が一番気持ちが良いですね。

Tatara12
いつものように車中泊ですが、車の中は温度が高くて暑いです。今回は秘密兵器を投入しました。パソコンの冷却ファンと換気ガラリを発泡スチロールのケースにつけて、中に氷を入れ、モバイルバッテリーで冷風を吹き出します。社内は快適な温度になり、朝までぐっすりと眠れました。

Tatara13
翌朝はいつものように早起きな爺達です。7時には朝食を食べ終えてタープ撤収、逃げ足が早い矢木沢倶楽部です。






















| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良俣キャンプ2017/6/3

矢木沢倶楽部の原点である矢木沢ダムですが、このところ動力船が多く、キャンプも禁止となり行く機会が無くなりました。その代わりお隣の奈良俣ダムにあるキャンプ場で山菜キャンプします。

Nara1
オートキャンプ場は6月1日にオープンします。山菜の時期には遅いですが、ウドなどが少し採れます。ベースキャンプを設営したら乾杯です。

Nara2
Nara4
Nara5
キャンプ場を探索して山菜天麩羅の材料を見つけます。天麩羅職人が熟練の技で揚げてくれます。その場で揚げたての天麩羅をいただくのは最高に旨いですね!!

Nara3
Nara6
Nara7
Nara8
標高は900mくらいですが、山の天気は変わりやすいです。この日も晴れていたと思っていたら突然雨が降ってきます。カヤックは出さないで屋台村に専念しました。

Nara9
Nara10
Nara11
Nara13
山からの風がとても冷たいです。千葉は夏のような暑さだったので、ウェアの準備が甘かったです。ダウンを着ても良いくらいの気温です。みんな着る物を重ね着しています。翌日も雨模様でしたが、カヤックを漕ぎました。源流はまだ残雪があります。

Nara14
キャンプサイトでは晴天と思っていると、また雨が降り出します。ネットで気象情報を検索すると水上地方は晴天でもここ奈良俣ダムはピンポイントで雨が降っています。

Nara15
Nara16
最終日は何とか天気が回復。タープを畳んで撤収します。いつも逃げ足の早い矢木沢倶楽部です。



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐渡島2017/4/29

妻の実家がある佐渡島に帰省しました。長野にいる孫達に会い、直江津から佐渡の小木に渡ります。高速フェリーのあかね丸は1時間30分で小木に着きます。

Sado11
いつもはシーカヤックを積んで来ますが、今回はSUPです。佐渡のカヤッカー、SUP乗りと一緒にツーリング予定です。

Sado1
実家前の浜はいつものようにきれいです。海水が透き通っています。こんな場所に実家があるのはシーカヤッカーとしては最高ですね。

Sado2
Sado3
そうは言っても遊んでばかりはいられません。畑の草取りや水まきなど仕事が沢山待っています。夜はご褒美に佐渡の地物の刺身と地酒をいただきます。

Sado4
実家の前からSUP出艇します。洞窟を潜り、尖閣湾方面へツーリングです。シーカヤックよりもSUPの方が海との一体感があります。海水の透明度が高く、浮遊感がスゴイです。

Sado5
Sado6
Sado7
Sado8
佐渡に来るといつもお世話になっているカヤッカーとお友達の三人でツーリングしました。この日は風が強く、風裏を探してショートツーリングです。

Sado9

Sado10
Sado11_2
Sado12
夜は佐和田町の飲み屋でガンガン飲みました。実家まで帰れないので、車中泊です。どのお店も味があって最高です。

Sado13
Sado14
Sado15
Sado16
Sado18
Sado19
ゴールデンウィークの佐渡帰省も終わり両津港から新潟に渡ります。いつもお世話になるTさん、ありがとうございました。次回は7月夏休みに帰る予定です。

Sado20




































| | コメント (0) | トラックバック (0)

中田町キャンプ2017/2/4

矢木沢倶楽部の爺達とご近所キャンプに行きました。開設されるキャンプ場のモニタリング。自宅から車で20分の至近距離です。

N1
N2
天気が良くてポカポカ陽気です。梅の花も咲いています。のんびりとビール飲みながら駄弁っています。夕方になると気温が下がってきます。スクリーンタープに薪ストーブを入れて屋台村の開始です。

N3
N4
今夜のメインメニューは常夜鍋。通常はお酒と水が半々ですが、今夏いは全部お酒です。鍋を食べるだけで酔いそうです。

N6
N5
和洋のつまみと熱燗をガンガン飲みます。お燗が間に合いません(笑)。日本酒のビンをそのままお燗するのは止めましょう!!二日酔いの原因になります。

N7
N8
N9
薪ストーブとともに練炭コンロが活躍します。スクリーンタープは隙間が多いので、一酸化炭素中毒は大丈夫そうです。使用は自己責任です。

N10
寝る前にお風呂に入ってポカポカでシェラフに潜り込みます。翌朝までぐっすりと寝ました。いつもの仲間とのキャンプは最高に楽しいですね。

N11



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

検見川浜自転車部サイクリング2017/1/29

検見川浜自転車部の恒例サイクリングに参加しました。海漕ぎは得意ですが、陸漕ぎの自転車は素人です。朝連隊のハウスさんプロデュースの房総半島サイクリングです。スタートは長柄ダムから。

S1
みんな早くて追いつけません。早くも試練の坂道が辛いです(笑)

S2
コースには素掘りのトンネルがあります。車では来ない場所なので楽しいです。

S3
コース途中でお寺周りします。天気が良くて漕いでいる時は暑いくらいです。

S4
S5
S6
お昼ご飯は予定していたお店が貸し切りだったため、急遽、近くのお店に変更。第4のアリランラーメン食べました。

S7
S8
菜の花が満開です。房総半島は暖かいのですね。

S9
コースの途中途中で記念撮影。みんな良い笑顔ですね。

S10
S11
4時頃にゴールに戻りました。皆さんのおかげで何とか完走する事ができました。感謝です。次回までに自転車漕ぎの練習です。

S12























| | コメント (0) | トラックバック (0)

矢木沢倶楽部新年会2017/1/14

片貝別荘にて矢木沢倶楽部の新年会を開催しました。いつものように飲みきれないほどのお酒と料理が並びます。

Yatai1
集合は3時半、乾杯は5時とアナウンスしましたが、言う事を聞かないジジイ達は早くも乾杯の予行練習していました。

Kanpai
テーブルに並んだ屋台村料理の数々。各自で持ち込みますが、ダブらないように事前に調整しています。

Yatai2
Yatai3
Yatai4
Yatai5
Yatai6
Yatai7
Yatai8

いつものハーモニカを吹くkさんが不参加なのでy3000さんが一人コンサートです。もちろんフォークソングを歌います。〆は倶楽部ソングの「パドルがあれば」を全員で熱唱します。

Y30001
Y30002
Y30003

早い時間から飲み始めたので、9時には沈没です。みんなお酒に弱くなったような気がしています。以前は夜中まで飲んだいました。翌朝は朝食のウドンを食べて解散です。いつものような恩師を囲んで記念撮影。今年も事故が無く、楽しいカヤックライフであるよう祈っています。

Onshi












| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧